シェークのグリップに「FL」とか「ST」がありますが、どう違うのですか?

1.FL(フレア)
グリップの裾(グリップエンド)が広がっているグリップです。このことによりフルスイングがしやすくなっています。重心がラケットの中央付近にきます。手のひらにフィットする形で、国内・海外共に人気の高いグリップです。
2.ST(ストレート)
グリップトップからグリップエンドまでまっすぐで同じ太さになっているグリップです。浅いグリップから深いグリップまで、打法により瞬間的にグリップを変える事が可能で、台上プレーやドライブがやりやすくなっています。ヨーロッパのトッププレーヤーやカットマンに人気があります。
3.SI(ストレートインクライン)
幅は直線的で、厚みはグリップエンドから付け根に向かって薄くなっています。
人さし指と親指で挟む部分が薄く、小指で握る部分が厚くなっているので、独特のフィット感が得られます。
4.CO(コニック)
ラケットの面に近づくにつれて、直線的に細くなっていくグリップです。もっとも太い部分がややグリップエンド側にあるためにラケットを深く持ちやすくなっていて、また握りに充実感が感じられます。
5.AN(アナトミック)
グリップを握った時に手のひら全体にフィットするように、グリップに中央部分が出っ張るように波形になっているグリップです。初心者の選手にも比較的握りやすいグリップです。

アンケートにご協力ください。
この質問は役に立ちましたか?

PAGE TOP
ONLINE SHOP PAGE TOP
MENU